消費者金融は必ず在籍確認をする?

消費者金融でキャッシングを申し込む時の最難関は、やはり在籍確認と考える方は多いです。申し込み者への確認電話は、携帯電話の番号を書いてもさほど大きく影響しないようになっています。そのため、以前のように自宅電話のほうが信用度は高くなり、審査に影響するといった点を考慮する必要はあまりないと言われています。携帯番号を書けば審査に通らないということもありません。自宅番号を書くことで、家族にキャッシングがわかってしまうということも心配しなくてよいのです。

 

ただし、在籍確認はやはり勤務先に直接行うことがほとんどですから、それによって勤務先などで、キャッシングのことがわかってしまいそうと気になるものですね。

 

とはいっても消費者金融も、自社の名前で電話してくることはありません。担当者の個人名で電話をかけて在籍確認を行います。消費者金融の名前で、簡単にばれてしまうということにはならないのです。

 

また、在籍確認は必ず自分がそこで電話に出て応対しないといけない、ということでもありません。働いているということさえ分かればよいので、席を外しているといった回答であっても在籍確認は完了します。そのため、キャッシングの最難関と心配していたのにもかかわらず、知らない間に終わっていたということもよくあるのです。

 

どうしても電話による在籍確認を避けたいのなら、モビットのWEB完結のように原則として書類による在籍確認に対応しているキャッシングに申し込むとよいでしょう。ただし、これも絶対に電話がかかってこないということではなく、申し込み者の状況によっては、電話による在籍確認が必要になることもあります。消費者金融は、必ず返済できるだけの収入を持っているということを申し込み者で確認したいわけですから、在籍確認は必ず行うようになっています。