消費者金融で一括返済する時の注意点

あと少しで返済が終わりそうという時や、臨時収入があったからまとめて返してしまおうという時などに、消費者金融で一括返済してしまうと利息が軽減できるでしょう。一括返済はその通り、借入残高をゼロにしてしまうものと思っている方も多いのですが、消費者金融ではこれを利用する時に少し押さえておきたいポイントがあります。

 

まず、消費者金融では利息は日割りで計算することになります。つまり、毎日利息が増えていくことになります。一括返済しようと思ってから、何日か経ってしまうと、その分利息が多くなってしまうことがあるのです。自分が思っている借入残高と、実際の借入残高に違いがあることも多く、一括返済したつもりがまだ残っているということも起こります。

 

一括返済しようと思った時に正確に借入残高を知りたいのなら、やはり直接借入先である消費者金融に確認したほうが確実でしょう。ただし、問い合わせてから日数が経ってしまうと変わってくるので、おおまかな額は準備しておいて細部を確認してから知るというほうがよいかもしれません。

 

しかし、実はこれほど厳密に1円単位まで返済しなければいけない!ということでもないのです。消費者金融には無利息残高というものがあります。つまり、借入残高があっても利息がかからない状態があるということです。これは、借入残高が1,000円未満になった時のものです。このまま放置しておいても、利息が付いていつの間にか大きな金額になってしまう、ということにはなりません。

 

解約する場合には、無利息残高もきっちりと返してしまう必要がありますが、消費者金融は契約だけの状態なら年会費なども支払わなくてよいのです。いつでも借りられる状態にしておけます。利用の予定などに応じて、一括返済時には契約をどのようにするかまで考えておくとよいですね。