限度額に気を付けて消費者金融でスムーズに借りる

消費者金融でお金を借りる時に、チェックするのはまず金利ということが多いでしょうか。その後自分が必要な額を借りられるかどうか、つまりキャッシングやカードローンなどの限度額設定がどのようになっているのかをチェックすることになるでしょう。

 

ただ、限度額に関してはあまり重視しない方も多いのも事実です。20万円必要なら、限度額を20万円にして申し込めばよい、と考えてしまうのです。しかし、消費者金融では、原則として50万円までの借入なら収入証明書を提出する必要がありません。本人確認書類だけで申し込みができるので、必ずしも必要額=限度額としなくてもよいのです。

 

消費者金融のような貸金業者には、総量規制があります。この総量規制とは、年収の3分の1までの金額を、貸金業者からの借入での総合計額とするという法律です。つまり、50万円必要なら、他の貸金業者からの借入なしで、年収150万円が最低でも必要額となってきます。

 

他にも消費者金融のキャッシングは、限度額に応じた金利が設定されるケースが多いことも知っておきましょう。限度額が大きくなるほど金利が低くなるというものです。申し込んでいきなり大きな限度額かつ低金利で利用できることはまず少ないのですが、利用していくうちにキチンと返済するということを消費者金融が確認すれば信用度が上がります。そして限度額が大きくなり、金利も下がるということが多いのです。

 

繰り返して利用できる消費者金融なら、先を見越した限度額設定を考えて申し込みをするのがおすすめです。急いでいるなら、提出書類を減らせる可能性が高い限度額設定にしておいたほうがよいでしょう。長期の利用を考えて、できるだけ大きな限度額にしたいのなら、総量規制の額に気を付けて限度額設定しておきます。